独特の世界観をもつスタジオジブリの作品。

その中でも「千と千尋の神隠し」

今でも日本の映画歴代興行ランキングトップの名作です。

舞台のモデルとなった場所は、たくさんあると言われますが、

今回はその中のひとつ、「目黒雅叙園」についてご紹介します。

1
引用元:目黒雅叙園
URL:https://www.megurogajoen.co.jp/banquet/hall/ushiwaka.html/
 

目黒雅叙園って?

 
目黒雅叙園は、結婚式場・ホテル・レストラン・宴会場などの複合施設です。

名前の通り東京都目黒区にあります。

この目黒雅叙園、もともとは芝浦雅叙園という料亭でした。

それを1931年に増改築し、

目黒雅叙園として開業されたそうです。

園内の様子から昭和の竜宮城とも呼ばれています。

建造物の中には、東京都指定の登録有形文化財

登録されたものもあります。
 
 

モデルになった宴会場

 
宴会場は「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われています。

宴会場はいくつかあるのですが、

特に、鷲・竹林・牛若和室部屋が似ているとの事です。

2
引用元:目黒雅叙園(和室宴会場)
URL:https://www.megurogajoen.co.jp/banquet/hall/washi.html/

どうですか、ホントにそっくりだと思いませんか!?

この宴会場を見ると、あの場面がよみがえってくるようです♪

宴会があまり得意でないわたしですが、

こんなステキな宴会場なら絶対参加します!

きっと「千と千尋の神隠し」の気分を味わうことができますよね。
 
 

千と千尋の従業員部屋

 
こちらの目黒雅叙園、

他にも「千と千尋の神隠し」でモデルでは!?

と言われている場所があるんです。

それは、湯屋の従業員たちの寝室になっていた場所です。

3

この風景も見たような気がしませんか!?

このお部屋は、通称百段階段と呼ばれている建物にあります。

百段階段は昭和10年に建てられたもので、

雅叙園で唯一現存している木造建築だそうです。

2009年に有形文化財に指定された建物の1つです。

たくさんの部屋が99段の長い階段で繋がっており、

各部屋には一つ一つが文化財となっている貴重な画がたくさんあります。

現在は催し物や見学ツアーでの限定公開のみとなっているようです。
 
 

みなさんの口コミ

 
目黒雅叙園に実際に行かれた方たちの声です。

「立っているだけで歴史を感じることができる。」

「入る前から竜宮城のような気分!」

夢の中にいるような感じで、ずっとここにいたいと思った。」

「今回3度目の見学だったが、何度見ても飽きがこない。」

高評価のようです!
 
 
遠方の方はホテルへの宿泊もオススメです。

宿泊プランの一覧はこちらから

 

アクセス

 
【 住所 】
東京都目黒区下目黒1-8-1

【 電話番号 】
03-3491-4111

【 ホームページ 】
https://www.megurogajoen.co.jp/index.html/

【 地図 】

大きな地図で見る

【 交通アクセス 】
目黒駅より行人坂を下って徒歩3分
目黒駅より権之助坂を下って徒歩5分

他にも「千と千尋の神隠し」の関連記事を書いています。

[icon image=”arrow1-r”] 千と千尋の神隠し