睡眠不足、誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

睡眠不足が続くと激しい頭痛、便秘、集中力がないなど
たくさんの症状がでてきます。

そのような症状と、どうして睡眠不足になっているのか、
原因が分かれば解決に一歩近づくことができます。

N112_kanashiinamida500

睡眠不足からくる症状

①頭痛

  • 朝起きたときに激しい頭痛がある。
  • こめかみにズキズキと脈打つような痛みがある。

これは脳の疲労が睡眠で十分に回復されていないため、
脳内の血管がストレスを受けて拡張し、神経が圧迫され、
頭痛が引き起こされています。

頭痛が悪化すると、「吐き気」「下痢」「耳鳴り」など、
様々な症状がでます。
 
 
②感情面が不安定になる

睡眠には感情を安定させる働きがあるようです。
十分な睡眠がとれないと、
普段気にならないようなことも気になったり、
人に厳しくあたってしまったりするなど、
人間関係にも支障が出ます。

また急に不安になるなどの症状がでる場合もあります。
 
 
③太る

睡眠には食欲のバランスを整えるホルモンを安定させる働きもあります。
寝不足になるとそのバランスが壊れ、
食べても食べても食欲が収まらない。

といった症状がでるようです。
 
 

睡眠不足の原因と解消法

①精神的なストレス

もっとも多くの人が抱える原因の1つは、
精神的なストレスや悩みです。

いつも悩みやストレスについて考えていると
脳が休む時間がなくなります。

この原因を解消するには悩みを解決することが一番ですが、
なかなかそう簡単にはいかない事もあるでしょう。

でも悩みを解決できない場合でも、
「寝る前に優しい音楽を聴く」「アロマをたく」
などの工夫でリラックスを促すことは可能です。

例えば、カモミールやラベンダーなどは、
精神を落ち着かせ、睡眠を促す効果が期待できます。

わたしのオススメは、めぐリズムの蒸気でホットアイマスクです。
目元の血行を促進され、とても気持ち良いです。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダー(14コ入)【めぐりズム】[アイマスク]

また睡眠直前のテレビ、パソコンや携帯電話、
インターネットの使用は脳を興奮させてしまいます。

睡眠直前にはできるだけ使用を控えましょう。
 
 
②飲み物、食事

知らずのうちに寝る前にカフェインを含んだ飲み物を飲んでいませんか?

珈琲や紅茶はもちろん、緑茶や烏龍茶にもカフェインは含まれています。
カフェインは血管を広げ体を興奮させる働きがあり、眠りを妨げてしまいます。

また寝る前の食事も、
身体が消化のために体温を上げてしまい眠りを妨げます。
 
 
このあたりを意識的に気をつけて、
快適な睡眠をとれるようになりましょう。