体が不調だとなにもやる気がおきず、

「早くどうにかなってほしい・・・。」

と感じませんか?

N112_hooduewotukujyosei500

前回の記事でご紹介したとおり、

秋バテの原因はカラダの冷えが関係しています。
 
 
[icon image=”arrow1-r”]それって秋バテかも!その症状とは?
 
 
今回はこの冷え症状の改善について調べてみました。
 

冷え症状への対処方法

 
[icon image=”point3-1-gr”]クーラーのきいた部屋に入るときに「ひと工夫」

まずは簡単にできることからです。

寒い室内にいなければならない時は、

できるだけカラダを冷やさない工夫をしましょう。

  • 上着をもう一枚着る。
  • ひざ掛けをする。
  • 靴下を履く。
  • 温かい飲み物を用意しておく
  • クーラーが直接あたらない場所に席を変えてもらう

他の人などがいる場合だと

こちらだけの都合で温度調整をするわけにもいきませんよね。

上のようなちょっとした工夫で、

できるだけカラダを冷やさないように心がけましょう。

特に女性はお腹周りを冷やさないように

気をつけましょうね♪
 
 
[icon image=”point3-2-gr”]お風呂につかる

毎日シャワーだけで済ませていませんか?

シャワーでもカラダが温まったように感じますが、

実は表面しか温まっていないんです。

そのため、またすぐに体が冷えてしまいます。
 
 
カラダを芯から温めるには

やはりお湯につかることが大切です!

2,3日に一度でもいいので

温かいお風呂につかるようにしましょう。
 
 
特に半身浴はおすすめですよ♪

冷えはとくに下半身の血行を滞らせます。

半身浴では、その冷えた下半身を中心に温めますので、

血行促進を期待できます!
 
 

半身浴のポイント

 
半身欲は温度時間にさえ気をつければ

誰にでもできる簡単な入浴法です。

ポイントとしては、
[check_list image=”check1-r”]

  • 温度は38度から40度に設定
  • 入浴時間は20~30分
  • お湯の量は、胸の下からおへその真ん中くらい
  • お湯に入る前のかけ湯は下半身だけ
  • ※上半身をぬらしてしまうと湯冷めの原因になります。

[/check_list]

お湯につかっている時も、

腕はできるだけ濡らさないようにしましょう。

もしも上半身が寒いと感じる時は、

乾いたタオルなどをかけておくと良いです。
 
 
わたしの個人的な意見ですが、

半身浴は時間を気にしすぎると苦痛になります。

そんな時は、

  • 自分の好きなアロマをたく
  • 香りのよい入浴剤を入れる
  • 本を読む

などをして、

楽しくリラックスできる環境を作りましょう。
 
 

半身浴中のオススメアイテム

 
◆Caoru bath (カオルバス)
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

アロマポットCaoru bath(カオルバス)-S ハーブ柄


お風呂でアロマとしても、ライトとしても使うことができます☆
わたしはお風呂場の電気を消して、このカオルバスを浮かべています。
とても癒されますよ♪
[/deco_bg]

◆バスブックスタンド
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

大木製作所 ステンレス バスブックスタンド 6252r


お風呂で快適に読書ができるとても便利なアイテム!
合わせて、防水ブックカバー、防水スマホカバーも揃えたいですね。
[/deco_bg]

◆ミニハートピロー
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

ミニ ハートピロー レッド IRG-0214


入浴中にも使える枕はたくさんありますが、
このミニハートピローは色もたくさんあっておすすめです♪
[/deco_bg]

こういったアイテムを上手く活用して

半身浴を楽しみましょう♪

そしてしっかりとカラダを芯から温めましょうね。
 
 
このように少し工夫するだけでも

秋バテ症状は改善することができます!

ぜひ試してみてくださいね。