『石油の高騰!』

『消費税値上げ!!!』

『電気代や食料品の値上げ!!!』

最近聞くことといえば値上げの話しばかりですね。

そんな値上げばかりの時代に
注目されているのが自然エネルギーです。

ニュースや新聞でも取り上げられる機会が増えたので
一度は耳にされてるかもしれませんね。

さてその自然エネルギーですが、

いったいどういったもので、

そしてどのような種類があるかをご紹介します。
energy-139366_640
 
 

自然エネルギーとは?

一言で言ってしまえば

自然からの力で作りだすエネルギーの事です。

  • 太陽の光や熱
  • 風力
  • 地熱
  • バイオマス

などがあります。

資源に限りがある「石油」や「石炭」などに比べ

「太陽」や「風」などは、枯渇する心配がないため、

再生可能エネルギーとも言われています。
 
 

自然エネルギーの種類

もっとも身近なのは
太陽光を利用したものでしょう。

シリコンやアモルファスなどの半導体
建物の屋根などに設置し、エネルギーを作り出しています。

1

また太陽熱を利用したものもあります。

レンズや鏡などの反射板を用いて集光し、
その熱で水を蒸発させて発電します。

これは集光型太陽熱発電とよばれ、
タワー式、トラフ式などがあります。
 
 

風力を用いたものもあります。

  • プロペラ型
  • サボニウス型
  • ダリウス型
  • オランダ型

などがあります。

afghanistan-90786_640

風力発電のしくみはとても単純です。

風で風車がまわり、
中にある発電機を動かし電気が作られます。

高性能の風車で約40%
エネルギーに変換できると言われています。

風力発電は、地震で問題になった原子力発電のように
自然や人体に害あるものをだしません。

また発電機のコストが安い

といった利点もあります。


逆に欠点もあります。

自然のものを利用しているため、
計画的な発電ができない。

さらに騒音、電波の問題、鳥問題などの欠点もあります。

特にアメリカでは
毎年140万羽もの鳥が犠牲となっています。

風車のハネに誘引され、
衝突してしまうようです。

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]赤いランプなどの目印を取り付けなければならない[/deco_bg]

などの法律を設置し
対策をとっていますが、

まだまだ解決されていません。
 


 
地球温暖化燃料の高騰などにより
活躍が期待されている

『自然エネルギー』

問題が解決されて、
もっと身近なものになっていくと良いですね。